1. ホーム
  2. 四条河原町・錦市場

京都の台所、錦市場はこう攻める!

錦市場の様子鴨川の納涼川床でランチを食べたあとに歩いて河原町に入りました。ここ河原町は京都の中でも有名な繁華街で凄い人でした。特に賑わいが激しかったのが河原町駅から北川に真っ直ぐ伸びたアーケード街(河原町通り)。別名をお買い物天国というだけあって修学旅行生と地元の若い人だらけ。静まりかえった神社やお寺周りからここに来ると、現代の京都を味わえます。

その河原町通りを西に抜けて烏丸方面へ向かう大通りから一本入った所が錦市場と言われてる場所になります。ガイドブックには「美味しい物がたくさん売ってる」ということですが本当です。雰囲気はまるでアメ横のような感じですが規模がデカイ!全長350mくらいの路地に左右びっしりお店が並んでおり、約60%が乾物、漬け物、佃煮などそんな感じのお店です。いろんなお店で試食を提供していたり、商品の一部を切り売りしたりしてグルメを堪能できます。

ここは市場なので夕方17時頃には閉店してしまうお店が多いそうなので日中に来ることをお勧めします。中でもお勧めは漬け物ですね。京都と言えば千枚漬けが有名ですが、どこを探しても見つからず、聞けば千枚漬けは冬の商品なので、春以降はあまり商品がないそうです。ようやく1軒、売ってるお店をみつけましたが3枚で600円とかなりの高額!これは買うのを諦めて別の漬け物を買いました。そこは京都♪何を食べても美味しかったです。

錦市場の様子

錦市場は修学旅行生も多いのですが売ってる物は大人向けの食べ物ばかりですからどうなんでしょうかね?両親へのお土産なんかにはいいかもしれません。運良く千枚漬けを購入できたらちょっとした親孝行ですな。

夜の錦市場はほとんど閉店してますが、中にぽつんと居酒屋がやってたりします。ここが穴場でして、初日の夜はここで食べました。

市場の中でやってる居酒屋さんだけあって味は格別に美味しかった。地元の人も穴場的な感じで来てる様子でした。値段も安いしお勧めです。ただ居酒屋なので全席喫煙OKですから赤ちゃん連れの場合は控えた方がいいかもしれません。